?

生産性の向上!モノ作りハンドメイドにおすすめな離型剤とは?

薬剤の入ったバケツ

離型剤を使うと製品を簡単綺麗に成形できる理由とは?

シリコン、プラスチック、それにゴムといった素材は、製品化される前の原料段階では、料理で言えば、べとべとした小麦粉の生地とよく似ています。これを成形して、丸や四角などの形を持たせようと思えば、型を使うことが必要になります。工業製品の生産においては、この型を金型と呼んでいます。料理で型を使って成形する場合、型の内側に滑りがよくなるものを塗っておくと、型から料理を取り出すときに楽ですし、仕上がりも綺麗なことはよく知られています。金型を使う場合も事情は同じで、ここで滑りを良くするために使われる物質が離型剤です。料理の場面では、オイルやバターなどが離型剤の役割を果たしているわけですが、金型を使った成形・離型作業においては、離型剤としてフッ素コーティング剤が使われる場合が多いです。
フッ素樹脂の被膜を物体表面に形成することを、フッ素コーティングと呼んでいます。ものの表面にフッ素樹脂被膜があると、油にせよ水にせよ、ものが物体表面に付着することが出来なくなります。従って、金型表面にフッ素樹脂被膜を作ると、型取りのために中に注入されたシリコンなども、金型に付着しなくなります。結果的に、成形物を型から綺麗に取り出せるようになります。
離型剤を使うと、こうして、製品を綺麗に形作ることができるわけです。

壊れやすい製品の成形にはフッ素系離型剤がベストチョイス

小さいもの、細いもの、薄いもの、そして、複雑な形のものは、ハンドメイドで作る場合も大変神経を使うものです。ほんのちょっと手元が狂っただけで、形が崩れたり、最悪の場合は全体が壊れてしまい、最初から作り直しになってしまいます。プラスチックやゴムなどを使ってモノづくりをする場合も事情は同じです。壊れやすい製品を作る際、成形に利用した金型から成形物を取り出すときに、ほんの少しでも余計な力を加えただけで、突起部分が折れて使い物にならなくなったり、スリムなものであれば、本体の真ん中で真っ二つに割れたり、角の部分が欠けたりしてしまいます。金型から壊れやすい製品を上手く取り出すには、ほとんど力を加えなくても、スポンと簡単に型を外せる高度な離型性能を持つ離型剤が必要です。これに適任なのは、フッ素コーティング剤が主成分の離型剤です。
フッ素コーティングを施したフライパンを使ったことがあれば、この手のフライパンで料理をした時に、いかにこびりつきが少ないか、経験的によくご存じでしょう。金型が、こうしたフライパンと類似の状態になれば、内容物のプラスチックやゴムも金型に一切こびりつかなくなるので、形状やサイズ、厚みがどうあれ、すっきり簡単に型から外れてくれます。
壊れやすい製品の成形には、フッ素系の離型剤がベストチョイスと言えるでしょう。

成形の失敗を避けて生産性を向上させるにはフッ素系離型剤を選ぼう

ある種の製品は型取りで製品の形を整えますが、プラスチックやシリコン、ゴムなどが素材の製品はこれに該当し、この型取りという成形プロセスが、製造過程での一つの大きなネックになっています。
素材に一定の、しかも均一の形状を与えることが出来なければ、販売可能な製品を用意することが出来ません。成形というプロセスは、製造業にとっては要中の要であり、ここの生産性を向上させることが出来れば、製造過程全体の生産性も大いに引き上げることが出来ます。
そこで重要な役割を演じるのが、離型剤です。成形には失敗がつきもので、その多くは、成形物と金型を分離する際に離型が上手くいかず、成形物を破損するというパターンです。フッ素コーティングの機能をこのプロセスに応用できるようにしたフッ素系離型剤を使うと、この手の失敗は極限まで減らすことが可能です。それだけではなく、フッ素系離型剤は、その後の工程でも非常に有利な点があります。フッ素系離型剤は、成形物を金型から取り出す際、成形物に殆ど付着しません。取り出した成形物から離型剤を洗い落とす作業が不要なため、洗剤、水といった資源、手間暇というコスト、そして、洗浄過程で成形物を壊すリスクの全てを無くすことが出来ます。
成形失敗のリスクを減らし、生産性向上を目指すなら、フッ素系離型剤が一番のおすすめです。


生産性を向上させるのにもお勧めです。離型剤を探しているなら「フロロテクノロジー」のHPをチェックしましょう!まずは無料サンプル請求をしてみましょう!

Update Post

2019年03月15日
生産効率を上げることができる離型剤を選べば増産対応も容易にを更新しました。
2019年03月15日
離型剤が成形作業で発揮する効果を更新しました。
2019年03月15日
フッ素系離型剤の経済性の高さに注目しようを更新しました。
2019年03月15日
高品質のゴムチューブを作るにも離型剤が大活躍を更新しました。