?

生産性の向上!モノ作りハンドメイドにおすすめな離型剤とは?

薬剤の入ったバケツ

生産効率を上げることができる離型剤を選べば増産対応も容易に

刷毛

製品は、一度ある程度の数を製造してそれきりで終わりという場合もあれば、次から次へと増産が必要になる場合もあります。後者は、例えば、製造して販売してみたところ、当初の期待を上回るヒット商品になった場合などが考えられます。企業としては嬉しい事態ですが、生産現場は、売れる時に売るというプレッシャーの元、製造作業をどんどん進めていかなければならないので、つらいところでもあります。
そんな製造現場では、可能な限り生産効率を上げて要領よく増産の要請に対応したいものですが、その際、成形作業の要となる離型剤の選択は非常に重要なポイントです。離型剤の性能が優れていて、何の問題もなくどんどん成形作業を進めることが出来れば、増産のニーズにもストレスなく応じることが出来るでしょう。
そんな離型剤としておすすめなのは、フッ素コーティングの効果を生かしたフッ素系離型剤です。フッ素コーティングで非粘着性という独特の性質を発揮するのは、薄いフッ素樹脂被膜ですが、これを金型上に形成することにより、成形後の離型プロセスを確実かつ容易にしてくれます。
折角ヒット商品が出たのですから、優れた離型剤を使って、無駄なくストレスなく増産に応じ、より多くの収益を上げましょう。

Update Post

2019年03月15日
生産効率を上げることができる離型剤を選べば増産対応も容易にを更新しました。
2019年03月15日
離型剤が成形作業で発揮する効果を更新しました。
2019年03月15日
フッ素系離型剤の経済性の高さに注目しようを更新しました。
2019年03月15日
高品質のゴムチューブを作るにも離型剤が大活躍を更新しました。