?

生産性の向上!モノ作りハンドメイドにおすすめな離型剤とは?

薬剤の入ったバケツ

高品質のゴムチューブを作るにも離型剤が大活躍

水の波紋

自宅で使っているゴム製のチューブを、誤って高温にさらしてしまったら、何が起こるでしょうか。高温でゴムが変性して、チューブに穴が開いたり、チューブの壁が部分的に薄くなり、もはやゴムチューブとしての機能を満足に果たすことは出来なくなってしまうでしょう。
ゴムチューブは、ゴムという素材を金型に流し込んで成形しますが、その際、適切な離型剤を選ばないと、これと似たような状態の不良品のゴムチューブが作られてしまう可能性があります。離型剤を使用していない場合はもとより、離型性能が低い離型剤を使うと、成形後のゴムチューブが、一部、金型にくっついたままになり、力を入れてひっぺがそうとすると、チューブの形が崩れたり、壊れたりしてしまいます。
これを防ぐためには、フッ素系の離型性能が非常に高い離型剤を使うといいでしょう。フッ素コーティングの強力な非粘着性は多くの人が知るところですが、この特性は、離型剤として使うのに非常に好都合なのです。また、フッ素系離型剤は、薄く塗るだけでハイレベルの効果を発揮するため、極細のゴムチューブを成形する必要がある場合も、フッ素系離型剤を使えば、難なく完璧な成形・離型ができるでしょう。

Update Post

2019年03月15日
生産効率を上げることができる離型剤を選べば増産対応も容易にを更新しました。
2019年03月15日
離型剤が成形作業で発揮する効果を更新しました。
2019年03月15日
フッ素系離型剤の経済性の高さに注目しようを更新しました。
2019年03月15日
高品質のゴムチューブを作るにも離型剤が大活躍を更新しました。