?

生産性の向上!モノ作りハンドメイドにおすすめな離型剤とは?

薬剤の入ったバケツ

フッ素系離型剤の経済性の高さに注目しよう

スマートフォン

販売価格を上げてコストを下げる。あるいは、販売価格はそのままで、安い値段で大量に売り、コストを下げる。利益率を上げるには、この2つの方法がありますが、共通しているのは、コストダウンという課題です。
プラスチック製品を大量に生産して販売する場合、原材料の仕入れにかかるコストを下げると同時に、製造過程全体でコストダウンできる要素がないかどうかくまなく検証する必要があります。その要素の一つとして、成形作業に欠かせない薬剤の離型剤も含まれますが、離型剤の中には、非常に経済性の高いものがあります。それは、フッ素系の離型剤です。
フッ素コーティングの原理を応用したフッ素系離型剤は、まず、少量を金型に適用するだけで確実な離型が出来るという点で非常に経済的です。成形の失敗が発生しなければ材料が無駄になることもありませんし、成形に失敗した分の作業のやり直しに伴う人件費も削減できます。また、離型剤が成形物に転写しないという特長のお陰で、フッ素系離型剤を使うと、多くの回数の連続離型が可能になります。つまり、一日に生産できる製品数が多い分、成形作業に要する日数を短縮できるため、ここでも人件費を減らすことが可能になります。
フッ素系離型剤は、離型性能が高いだけではなく、経済性という面でもハイレベルな製品と言えるでしょう。

Update Post

2019年03月15日
生産効率を上げることができる離型剤を選べば増産対応も容易にを更新しました。
2019年03月15日
離型剤が成形作業で発揮する効果を更新しました。
2019年03月15日
フッ素系離型剤の経済性の高さに注目しようを更新しました。
2019年03月15日
高品質のゴムチューブを作るにも離型剤が大活躍を更新しました。